エイジング

コエンザイムQ10はビタミン様物質で、我々の体内にも存在しています。

そんなコエンザイムQ10の役割はエネルギー生産のサポートです。

そのため大きなエネルギーを必要とする心臓や肝臓、卵巣や精巣に多く含まれています。

 

そんなコエンザイムQ10には様々な効果があります。

その一つがエイジングケアとしての効果です。

コエンザイムQ10には高い抗酸化作用があります。

 

人の身体は内臓も肌も加齢とともに、老化していきます。

そんな老化の原因は活性酸素です。

活性酸素は細胞が生きている限り生成する物質で、我々の体内にも存在しています。

 

全ての活性酸素が老化を引き起こすわけではありませんが、細胞を酸化させ、老化の原因となるものもあります。

そんな活性酸素による細胞の酸化を抑制するものが抗酸化物質です。

コエンザイムQ10には高い抗酸化作用があるため、そのような活性酸素による細胞老化を抑制することができます。

 

しかし体内のコエンザイムQ10は加齢とともに減少してしまいます。

20歳頃でピークとなり、それ以降減少するため、エイジングケアとして使うなら体外から摂取する必要があります。

食物では肉類や魚類に多く含まれていますが、1日の必要量を食事から摂取しようとするとイワシなら6匹、牛肉なら約1キロ食べる必要があります。

そのため食事よりもサプリメントで摂取することをおすすめします。

サプリメントなら簡単に必要量を摂取することができます。

 

このようにコエンザイムQ10には高い抗酸化作用があり、エイジングケア効果があります。摂取するなら、効果的に吸収しやすいサプリメントがおすすめです。